« はじめてのクラシック | トップページ | 鎌倉 »

2009年4月26日 (日)

私のギター

楽器シリーズ第二弾、ギターでございます。

Photo_2

PRSのトレモンティSE。PRSと言っても、韓国製造の…まあ、そこそこ…と言えるかどうか…微妙な楽器。

Photo_3 

ピックアップはセイモア・ダンカンに換装。SH-1とSH-4という、定番の組み合わせですが、私にはネック側のキャラとブリッジ側のキャラが近づいちゃったような感じがして、考えていた音と違ってしまったのですが…まあ、これはこれで…

Photo_4

コントロール類の真ん中にある小さなトグルスイッチは、ブリッジ側のSH-4の配線切り替えスイッチ。ハムバッキング、シングル、シングルシリーズのスリーポジションが選べるようにしました。

Photo_6 

ピックアップセレクトスイッチ以外の電気系統はすべて交換。内部には銅箔を貼ってアースラインにしています。

ポットとジャックは「お約束」のCTS。配線材は海神無線で調達したビニール皮膜付のぶっといヴィンテージシールド線。茶色い丸いものはスプラグのセラコンで、ものすごくいい音がするのですが、一つしか手に入らず、ネック側はありものから選んでつけています。

|

« はじめてのクラシック | トップページ | 鎌倉 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はじめてのクラシック | トップページ | 鎌倉 »