« いい人 | トップページ | はじめてのクラシック »

2009年4月24日 (金)

続:いい人

今朝の続き。

草なぎ(「薙」は間違いでした)剛って、SMAPの中で一番ぱっとしない存在だったと思う。SMAP×SMAPの中では、いじられ役で、その反応が芸能人っぽくなくて、アイドルグループの一員でありながら、普通の人っぽいところに、僕は好感を抱いていたんだ。

草なぎ剛のイメージって、「まじめでいい人」。だから高橋しんのマンガ、「いい人」がドラマ化されたときの主人公に抜擢されたんだと思うんだけど、僕は「違うのに…」と思った。目が違うんだよね。

そりゃ笑ったときの目は優しい「いい人」の目だよ。だけど、時々冷たさや翳りを見せる目でもあるんだ。そのころの草なぎ剛に僕がやらせてみたいと思った役は、新撰組の沖田総司。髷が似合ったと思うなあ。

でも、結局「いい人」が彼のキャラクターになっちゃったよね。結構つらいよ。「いい人」って、男にとってほめ言葉になってないもん。その後に「でも…」ってついちゃいそう。

草なぎ剛が脱ぎ捨てたかったのって、まわりに着せられた「いい人」のコスチューム…だったのかもしれない。

あ、これを読んだ僕のことを「いい人」だと思っているあなた(そんな人いるか?)、僕はそんなにいい人じゃないから…というか、「でも、いい人」を目指して自分で着ているコスチュームだから、大丈夫

(^o^)

|

« いい人 | トップページ | はじめてのクラシック »

時事ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いい人 | トップページ | はじめてのクラシック »