« 大山登山 | トップページ | 鎌倉での半日 »

2009年5月 1日 (金)

ディスレクシア?

下の息子がディスレクシア(失読症)の可能性があって、発達相談所で診断のためのアセスメントを受けた。

ディスレクシアというのは、読み書きが困難という、学習障害のひとつ。漢字を覚えるのが苦手な子という認識はあったけど、小5になってカタカナまで覚えきれていないことに気がついて、診断を受けることにした。

ディスレクシアだといってどうということはないけど、子どもの能力の特性がわかれば、無益な苦痛を強いることが避けられるし、効果的な学習方法がわかる。

まだ一回目を受けただけで、結果はわからないけど、こういう対応ができたのは、発達障害を身近にしてくれたアスペの長男のおかげだし、そのことで様々な人とつながりができたおかげだ。

障害児に限らないけど、親は孤立してはいけないと、改めて思う。特に障害を持つ子の親は、子どもと親のことを理解する、専門家や同じ仲間と繋がっていないといけない。

孤立している親がいたら、繋いでいきたい、僕で良ければ、繋げて欲しいと思う。
僕も沢山の人に繋がっていたいと思って、明日の朝は鎌倉で開かれる発達障害の講習会に参加する。

|

« 大山登山 | トップページ | 鎌倉での半日 »

障害関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大山登山 | トップページ | 鎌倉での半日 »