« I do care | トップページ | 栗本薫逝く »

2009年5月28日 (木)

藤澤ノリマサ:その日まで

「その日まで」で使われているのは、威風堂々という、すごいタイトルの曲です。

この威風堂々はイギリスの作曲家、エルガーの書いた行進曲ですが、行進曲と言っても、演奏会用行進曲で、この曲に合わせて歩こうとすると、結構大変です。

威風堂々は、未完の第6番を含めて全部で6曲ありますが、日本でただ「威風堂々」と言ったらこの第一番、というより、この旋律(どの旋律?)のことでしょう。

本家イギリスでは、後に歌詞をつけてエドワード7世の戴冠式の音楽が作られたことから、この旋律はその歌詞に因んで「希望と栄光の国」と呼ばれているのだそうです。

でも、日本では威風堂々。えらけいこ原作のアニメ、「あたしンち」のエンディングでこのメロディーが流れたときはぶっとびましたが、「威風堂々」とクレジットされていましたよね(そう、この旋律、「その日まで」でいうと、まずはイントロの旋律です)。

この旋律は、原曲の中間部で、初め静かに出てきます。いったんこの旋律で盛り上げて、前の部分に戻り、もう一度この旋律が出たときには、鈴は鳴るはオルガンは鳴るはで盛大に盛り上がります。

思わず一緒に声をあげたくなるのですが、そういう人のためには、先に書いたように、ちゃんと歌詞が作られています
(^_^)。

で、「その日まで」だと、この旋律には歌詞がついていないんですね
f^_^;

イントロと、伴奏に使われていて、藤澤ノリマサが歌うメロディーがちょっとなぞる部分もありますが、基本的に歌のメロディーはまるごとオリジナル。

ちょっと面白い使い方ですね(^-^)

|

« I do care | トップページ | 栗本薫逝く »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« I do care | トップページ | 栗本薫逝く »