« 藤澤ノリマサ | トップページ | 藤澤ノリマサ:VINCERO »

2009年5月17日 (日)

続・藤澤ノリマサ

藤澤ノリマサの発声のヴァリエーションはすごいね。

今風J POPの王道、クラシックのテノール風、普通のファルセット(裏声)、ハードロック(死語?)ばりのハイヴォイス、多重録音のコーラスではカウンターテナーまで出てくる。

発声の見本市?

これだけ多様な発声していて、よく混乱しないなと思ってしまう。

一つの音を伸ばしながら、だんだん発声を変えていくなんていう、憎いこともやってくれちゃうし。

気に入ったぞ(^O^)/

このあと暫く、素材になってるクラシックの曲との藤澤ノリマサ版の関係でも書いていこうかな。

|

« 藤澤ノリマサ | トップページ | 藤澤ノリマサ:VINCERO »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤澤ノリマサ | トップページ | 藤澤ノリマサ:VINCERO »