« プッチーニの音楽(オーケストラから見て) | トップページ | ジャンニ・スキッキ »

2009年6月 4日 (木)

藤澤ノリマサ:太陽の女神

藤澤ノリマサの太陽の女神で使われているのは、プッチーニのオペラ、「ジャンニ・スキッキ」の中のアリア、「私のお父さん」。

オペラの方はあまり上演される機会もなく、録音も少ないのであまり知られていませんが、アリアの方はわりと有名。プッチーニのアリアにしては珍しく、独立性が高いので、単独で取り上げやすいんですよね。

太陽の女神のイタリア語の歌詞がついた部分がこのアリアで、繰り返し部分が省略されていますが、メロディーはほぼ全部歌われています。
イタリア語の歌詞は、原曲の歌詞とは関係のない、オリジナルな内容のようです。

藤澤ノリマサは、オリジナル部分とクラシック部分とで発声を切り替えて、白黒的な対比を聞かせてながら、イタリア語に英語が混じるところでちょっとR&B的なコブシを聞かせて、最後は黒人風のファルセット
(^-^)

気持ちいいからもう一回最初から聞こう、と戻ったところで気がつきました。

この曲、ロッカ・バラードなんですね。タン・タタタ・タッ・タッ・タッというリズムで、普通、大きな2拍目と4拍目に入るスネアが入るのが、始めの方は4拍目にしか入らないので、聞き逃していました。

で、プッチーニのメロディーになると堂々と2拍目にもスネアを入れる。

いやあ、なかなかどうして、やるもんですね
(^o^)

|

« プッチーニの音楽(オーケストラから見て) | トップページ | ジャンニ・スキッキ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プッチーニの音楽(オーケストラから見て) | トップページ | ジャンニ・スキッキ »