« 藤澤ノリマサの音楽 | トップページ | 横浜線ジョーク »

2009年6月 9日 (火)

辻井伸行のコンサート

ヴァン・クライバーン国際コンクールで優勝した、全盲のピアニスト、辻井伸行。

「全盲の」という形容詞が邪魔になるくらい、素晴らしい音楽を奏でるらしい。知り合いが昨夜、興奮気味にメールを送って来た。

リサイタルがあれば行きたいなどと書いて来たので調べてみたら、今週末から来週にかけて、岩手と愛知でオーケストラと共演した後、しばらくコンサートはないようだ。

このコンサートのチケットをオーケストラ目当てで買っていた人の中には、突然自分のチケットがお宝になって、戸惑っている人もいるんじゃないだろうか?

問題はその後。秋から日本各地でリサイタルが予定されているのだが、市のホールなど、座席数、数百人規模のホールが多いように見える。

これから前売りが始まるのだろうが、壮絶な争奪戦が始まりそうな気がする。

自治体のホールで、ホールの窓口で前売りを始めるところもあるのだが、大丈夫なんだろうか?

などと、つまらぬことが気になる。

ピアノにはとんと疎い私(何せ「未来への道」の「悲愴」をチャイコだと思った男だ)だが、あいつの興奮ぶりが気になる。

窓口販売に並ぶ(徹夜?)つもりはないが、ダメもとで0押しに挑んでみるか?

|

« 藤澤ノリマサの音楽 | トップページ | 横浜線ジョーク »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤澤ノリマサの音楽 | トップページ | 横浜線ジョーク »