« ソーラーカー・ダン吉 | トップページ | 国語の授業 »

2009年7月13日 (月)

麻生降ろし

都議選で自民党が大敗し、自民党内では麻生降ろしの嵐?

短期間で辞任してしまうような首相を二人続けて選んだあげくがこの結果だ。自民党は、首相選任に関する自分たちの責任を、どのように考えているのだろうか?

麻生氏が首相にふさわしくないのであれば、その麻生氏が選んだ内閣に対して不信任案を出すのが日本の政治制度に沿った行動だ。民主党は内閣不信任案を出す、麻生氏が首相をやめるべきだと思っている自民党員は、それに賛成すればよかろう。

内閣不信任案が可決されれば、国会は解散だ。麻生降ろしを求める自民党員が、ぜひとも避けたいと思っていることだが、そもそも安部氏が首相を辞任したところで、その安部氏を選らんだ国会を解散して、国民に問うべきだったと思う。

ここで国会を解散すれば、自民が大敗する可能性は高い。しかし、民主党が単独で政権を取れるほどの勝ち方をするとも思えない。今、国会を解散すれば、日本の政治経済に空転の期間が生まれるだろう。それを避けたいという考えは、必ずしも否定しきれない面もあるのだが…

だから「安部氏のときに…」と思ってしまうのだ。

さて、都政はこれからどうなるのだろうか。

|

« ソーラーカー・ダン吉 | トップページ | 国語の授業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソーラーカー・ダン吉 | トップページ | 国語の授業 »