« まずくないもの | トップページ | ソーラーカー・ダン吉 »

2009年7月12日 (日)

サンタナのギター

この間のウッドストックからの流れでもう一つ。

ウッドストックで一般に知られるようになったサンタナだけど、サンタナのギターというと、レスポール、ヤマハのSG、PRSと、ずっとハムバッカーを使っていると思っていた。

でも、ウッドストックの時に使っていたのは、ギブソンのSGでもピックアップがP-90、シングルコイルなんだよね。メインのアルバムではないけど、古い録音の中には僕にはストラトの音にしか聞こえないものもあるし、どうもハムバッカーオンリーという訳じゃなかったみたいだ。ホームページにも、ストラトを弾いている動画があったりしたものね。

でもやっぱり僕にはサンタナの音はハムバッカーの音。

ただ、レスポールからヤマハに変えたときは、がっかりした。ごく一部の例外を除いて、好きじゃないんだよね、このメーカーの楽器。まあ、ヤマハのSGは、ヒンズー教に傾倒して、油の抜けた音楽に合っちゃってはいたんだけど…

初めてPRSを持って日本に来たときは、びっくりしたし、うれしかった。横浜球場でやったときで、見たことのない楽器を持って現れて、音もそれまで聞いたことのない音。失っていた油分をすっかり取り戻して、レスポール以上にGreasy、まさに「バター」という感じ(inspired by W.A.Morzalt)。

それ以来、PRSは僕の憧れの楽器、でも本物には手を出せなかったので…

まあ、いいや。

|

« まずくないもの | トップページ | ソーラーカー・ダン吉 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まずくないもの | トップページ | ソーラーカー・ダン吉 »