« 子育て給付金 | トップページ | ドビュッシーの音じゃない! »

2009年8月 3日 (月)

障がい児を見る目

サリヴァン先生に指導を受けている途中のヘレン・ケラーを人が見たら、どう感じるか?

眉をひそめる?「なあに、あの子、いやあねえ…」

でもその子は、ヘレン・ケラーなんだよね。

障がい児を見る世間の目ということを考えていたら、そんなことが思い浮かんでしまった。

障がい児ということを知らずに「なんて子なの、親は何しているの」と思うのならまだいい。「やっぱり障がい児は…」というのが、一番困る。

うちの子程度ならまだいい。しかりつけたり、尻をたたいたりでも教育できたから。でも、それができない子もいるんだ。

我慢してくれ、大目に見てくれといいたいんじゃない。本人も親も頑張っているということ、少しずつかもしれないけど、成長しているということを知ってほしい。

そう思ったら、ヘレン・ケラーが思い浮かんだ。

|

« 子育て給付金 | トップページ | ドビュッシーの音じゃない! »

障害関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子育て給付金 | トップページ | ドビュッシーの音じゃない! »