« 親の休日 | トップページ | 障がい児を見る目 »

2009年8月 2日 (日)

子育て給付金

今度の衆院選に向けて、民主党は子育て給付金を打ち出した、中学卒業まで子育て手当、高校は実質無償化。でも、その財源は?

ある新聞記事には「配偶者、扶養者控除を廃止する」と書いてあったけど、本当?まさか高齢者や障がい者の扶養家族控除まで廃止しないよね?

それで少子化対策?子育ては中学卒業で終わるの?その先は、高校を「実質」無償化すればいいの?社会に出るまでが子育てじゃないの?

少子化の原因の一つは、「子育てが経済的に見合わない」と考えられていることだとは思う。でも、「じゃあ、子どもを産んで育てたらお金をあげましょう」っていうんじゃあ、短絡的過ぎない?

それよりもむしろ、扶養家族控除をもっと大きくして、子どもを育てる意欲と、勤労意欲を両立させるようにするべきだと思う。それでも足りないと思うのなら、他のところからお金をひっぱってきて、支給するべき。

高校だって、実質無償化と言わず、義務教育にするべきだ。単にほとんどの人が学校に行っているからではなくて、終戦直後と比べて社会が複雑になって、社会に出るまでに学ぶべきことが増えているんだから。

民主党が言っていることは、朝三暮四の故事に例えれば、朝四暮一いや暮零かもしれない。気前よくくれるように見せて、全体は減っている、そんな政策になっていないか。

こう言ったからと言って、自民党や公明党の方がいいと言っている訳ではない。どの党が勝ち、どんな体制になるにしても、日本を悪くするようなことは、させたくないんだ。

|

« 親の休日 | トップページ | 障がい児を見る目 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親の休日 | トップページ | 障がい児を見る目 »