« 戦犯合祀ー殺した側と殺された側 | トップページ | 伊豆旅行 »

2009年8月15日 (土)

戦犯合祀ー死んだら神様?

かつて小泉首相がテレビのインタビューで戦犯合祀問題について聞かれて、「日本では死んだら神様」と答えたことがある。

彼は私が書いた「殺した側と殺された側」のこと、それも実際に戦争を体験した方が言っているということを、知っているのだろうか?

彼は殺人罪で死刑になった犯罪者を被害者と同じ墓に葬り、被害者の遺族に向かって「死んだら神様」と言うことができるのだろうか?

戦犯とされた方の中には、戦勝国側の一方的な理論や、誤解に基づいて戦犯とされてしまった方もいるだろう。そういう方については、事実を明らかにして、国際的に名誉を回復しなければならない。

「死んだら神様」などという、日本の中でも通用するかどうかわからない言葉で、済ませてしまえる問題ではない。

|

« 戦犯合祀ー殺した側と殺された側 | トップページ | 伊豆旅行 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦犯合祀ー殺した側と殺された側 | トップページ | 伊豆旅行 »