« 数独の魅力 | トップページ | 響きと音高 »

2009年9月 2日 (水)

音痴

音楽好きで、このブログで音楽ネタを結構書いてきたし、歌も歌えば楽器も演奏するけど、実は私、音痴。
f^_^;

何が音痴かというと、まず、音高と音色が分離できません。しかも、音の高い低いの判断をするときに、音色の方が支配的です。

どういうことかというと、管楽器などで楽器のピッチと奏者が出そうとしている音が合っていないとき、音がぶら下がったり(低く感じる)上ずったり(高く感じる)のですが、ぶら下がった音は物理的な音高が基準音より高くても低いと感じるし、上ずった音は高いと感じてしまうのです。

それから、メロディーを覚えるのがものすごく苦手で、かなり聞き込まないと覚えられません。特にフレーズとフレーズの間の音程が覚えられなくて、うろ覚えの歌を歌う解いた愛と三度ずれて歌ってしまって、半音の位置が合わなくて「あれ?」なんてことがあります。

それでも自分の音や声を周りに合わせる技術だけはいつの間にか習得できたので、なんとか歌や楽器ができていますが、本質的に音痴なところは変わりません。

こんな私がどうやって音をコントロールする技術を身に付けたのか、自分でも不思議です。
(^_^;

|

« 数独の魅力 | トップページ | 響きと音高 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 数独の魅力 | トップページ | 響きと音高 »