« 銭湯を知らない大人たち | トップページ | パズル・ザ・ジャイアント »

2010年3月11日 (木)

中世音楽の精神史 -私的西洋音楽史-

金澤正剛という人の「中世音楽の精神史」という本を読んだ。

何年も前(ことによると10年以上前)に買ったっきり読んでいなかったのを、2週間ほど前にまとまった空き時間ができたのをきっかけに読み始めて、やっと読み終わった。

ノートルダム楽派からアルス・ノヴァ、イタリアトレチェントにかけてのボリフォニーと記譜法の相互発展について、今まで断片的だった知識がつながった気がする。曲種の話がほとんど出てこないんで、すっきりしたからかな。

久しぶりに古楽の時間が取れて、これまた買ったっきりほとんど聞いていないマンロウの「ゴシック期の音楽」を聴いているけど、やっぱりこの時代の音楽は私の「興味の外」だなあ。この後フランスのシャンソンなんかを取り入れながらイタリア音楽が発展して、後期ルネッサンスからが私の音楽、というのを再確認しちゃった感じ。

黄金のイタリア初期バロックがあって、ドイツ音楽が芽生えて、私にとっての暗黒時代の中期バロックへ…ま、暗黒時代というより、全然聞いていないんだけどね。

ことのついでにこの先の「私的西洋音楽史」を書いておこう。

暗黒時代が終わるとドイツ音楽一辺倒の時代に突入してドイツ古典派、ロマン派街道まっしぐら。19世紀末にイタリアオペラが突如復活して最後の一花を咲かせると、フランス音楽、ロシア音楽も活躍を始めて一気に国際化へ…でもポーランドにはごめんなさい。

イギリス音楽?ダウランド、バード以来長らく沈黙を続けていたイギリス音楽が、私にとって本格的に復活するのは…クリームからだ。

|

« 銭湯を知らない大人たち | トップページ | パズル・ザ・ジャイアント »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銭湯を知らない大人たち | トップページ | パズル・ザ・ジャイアント »