携帯・デジカメ

2013年3月20日 (水)

Pentax Q10

Pentax Q10を買った。

Img_1206

レンズ交換ができるコンパクト・デジカメ・サイズの一眼カメラ。昔のカメラそのもの姿に惹かれて買ってしまった。

交換レンズもこの小ささ。小さなバッグにカメラ本体とレンズ三本を入れて気軽に持ち歩ける。

Img_1209

(以上の写真はコンパクト・デジカメで撮影)

望遠ズームを使えば東京駅の屋根に

Imgp0268

ここまで寄れる。しかもブレない。

Imgp0277

これは完全に期待以上happy01

ただ屋内や薄暗いところは苦手。ピント合わせも遅くなるし、東京駅構内で人の頭越しに写真を撮ったら

Imgp0255

手振れ補正機能でも補正しきれないほどにブレてしまったsad
ここは感度を思いっきり上げるかAutoにするべきところだったのだろう。

多機能なためにボタンやダイヤルが多く、誤操作も多くなる。カメラ前面にデジタル・フィルターのセレクター・ダイヤルがあるのだが、いつの間にかこれを操作してしまったようで、ソリッド・モノクロームというフィルターがかかってしまい、

Imgp0076

E5系はやての緑色が完全に飛んでしまったwobbly
まあ、「撮る前に気づけよな!」と自分につっこむべきところだがcoldsweats01

他に困ったところを上げておくと

・オート・フォーカスがいまいち
合わせたいところにピントが合うというよりカメラが合わせやすいところにピントが合っちゃう感じ。
マニュアル・フォーカスにもできるが液晶モニターの中でピントを合わせるのは私には無理。主にセンター・フォーカスにして合わせたいところにピントを合わせ、フォーカス・ロックで撮るのが私には無難な使い方。

・電池の消費が激しい
フル充電でストロボを半分使ったとしても200枚以上撮れるというので十分だと思っていたら、待機電力がバカにならずにすぐばっておりーが切れる。こまめに電源を落とすか、モニターをオフにするとよいのだろうが、そうするとシャッターチャンスを逃しかねない。
スペア・バッテリーは必須だが、純正品は高いので安い互換バッテリーを三つ買い込んだ。

・ファインダーがない
標準レンズ専用の光学ファインダーがオプションであるのだが、レンズと関係ない画像を見ることになるのでこれをつけると一眼ではなくなってしまう。ファインダーがないとカメラが体から離れた状態で撮らなければならないので、「ファインダー付き」がこれまで私のカメラに対する最大のこだわりだったのだが、Q10でついにこれを捨てた。

困ったところはあるけれど、マニュアル・ズームはやっぱり使い易いし、何よりレンズ交換ができるのは楽しい。

まとめると、このカメラの特徴は、小型・軽量・多機能・低性能ということになると思う。

本格的な一眼カメラを持っている人が常時持ち歩き用に買ったり、デジタル・フィルターやトイ・レンズというわざと低性能にしたレンズで遊ぶために買うのがこのカメラの本来のユーザ像で、けして「デジタル一眼の入門機」ではないし、コンパクト・デジカメからのアップグレード機ではないと思う。

でもね、結構「一眼で撮ってる気分」にひたれちゃうんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)