旅行・地域

2013年3月24日 (日)

東海道線青春18きっぷの旅(続き)

富士駅から東海道線を更に西へ。乗った列車の終点、島田駅で途中下車。

この近くには空港があるそうで、

Imgp0571

駅前の建物の壁にもそのことが誇らしげに書いてありました。

Imgp0584

そういえばこの日は全国の鉄道系ICカードが相互利用できるようになった日でした。ホームの自動販売機にもこんなステッカーが貼ってありました。

Imgp0582

「なんでトルカ(TOLCA)なんだろう」と私が言うと、長男が「トイカ(toica)だよ。東海ICカードでしょ」(たしかに、ICの文字が白抜きになっていますねcoldsweats01

さてこの後は?と長男に相談すると、天竜浜名湖鉄道のある掛川まで行こうということになって、さらに東海道線を西へ、掛川に着き…

これが天竜浜名湖鉄道、略称天浜線の車両。一両編成です。

Imgp0591

掛川の木造駅舎は残念ながら耐震強化工事のために中には入れませんでした。新幹線停車駅の中で唯一の木造駅舎なのだそうです。

Imgp0597

駅前の喫茶店で一休み。長男はチョコレートケーキと紅茶、私はレアチーズケーキとコーヒー。レアチーズケーキはあまり酸味がなく、ほんのりとした甘味が私好みでした。

Imgp0599

時刻はそろそろ3時半、8時前に家に帰りつくよう、この後は熱海まで約2時間、熱海ー藤沢が約1時間、そのあと私鉄でもう30分ほど、ひたすら電車に乗って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海道線青春18きっぷの旅(続く)

昨日、3月23日、長男と二人で青春18きっぷを使って東海道線の旅に行ってきました。

藤沢駅からJR東日本の東海道線各駅停車でスタート。

Imgp0461_2

まず熱海で降りて

Imgp0471_2

海岸に向かい、

Imgp0477_2

熱海サン・ビーチに出てお宮の松へ。

Imgp0490_2

熱海駅に戻って…

夏日があったと思うとまた寒くなったりなんていうことを繰り返していたかと思ったら、桜が満開になっていたんですねえ。

Imgp0497_2

ここからはJR東海の東海道線各駅停車で、まずは富士を目指します。

Imgp0499_5


途中の三島駅で伊豆箱根鉄道の駿豆線の車両に遭遇。乗っていた列車のドアが閉まる直前に間に人がいなくなったので急いで撮影。

Imgp0511_2

こちらは富士駅ま前から見た富士山。残念ながら、春霞にかすんでうっすらとしか見えませんでした。

Imgp0535_2

富士についたのがちょうどお昼。昼食ができきるところは…と駅前を見渡しても見りません。お酒を飲む場所はあるのですが、お昼なので閉まっています。

少し歩くと金時という店があったので入ることにしました。

Imgp0527_2


たまたま入った店なのですが、このお店の「カツ皿」という料理はテレビ番組の秘密のケンミンshowで紹介されたことがあって、知る人ぞ知るお店のようです。ちょうど時分どきということもあって、小さなお店はほぼ満席でした。

これがそのカツ皿。ざるそばとのセットを長男が頼みました。お皿に持ったご飯の上にトンカツを乗せて、その上にとろとろの卵をかけてもので、「閉じていないカツ丼」という感じの料理です。

Imgp0523_2


私が頼んだのはこちらの桜えび丼セット。丼ご飯の上にから揚げにした桜えびが乗ってるのですが、揚がった殻のカリッとした食感だけでなく、桜えびの身がしっかり味わえる、おいしい一品でした。

Imgp0525_2


この後は身延線で身延までいこうと考えていたのですが、時刻表で調べると身延でとんぼ返りしてくるか、そのまま甲府に行ってしまわないと夕食までに家に帰れないことがわかりました。
とんぼ帰りも素通りもおもしろくないので、身延線はまた今度の機会にして、東海道を下り続けることにしました。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

伊豆

今、伊豆に来ている。

子どものときに家族で来て以来、いろいろな人と一緒に来た。

学校の仲間、仕事の仲間、趣味の仲間、そしてまた、家族。

夏の海水浴が多いけど、伊豆急全線ウォークなんてのにも来たし、もちろん、冬や春の温泉にも。

場所も東伊豆、南伊豆、西伊豆、いろいろなところに行った。

いろいろな人とのいろいろな思い出がある、大切な場所に、また来ている。

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

伊豆旅行

伊豆旅行
伊豆旅行
スーパービュー踊り子に乗って伊豆半島を南下中。今、伊豆高原と伊豆熱川の間。

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

三田用水

今やってたタモリ倶楽部に、実家の近くが出てきた。

子どものときに遊んでいた場所をテレビで見るのは、変な感じだった。

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

ゴーストタウン?

ゴーストタウン?
写真は昨日撮ったものなんだけど、道路に注目して。車が一台も写っていないでしょ?

撮ったのは田町駅の近くの歩道橋からで、そもそも休日は人や車の通りが多い場所じゃないけど、昼間の東京で車の写っていない光景が撮れるなんて、自分で驚いちゃった。

撮ったときには気がついていなかったくらいだから、たまたま赤信号で車が途絶えたところでシャッターを切っちゃっただけだと思うけどね。

変なことに結び付けた、悪趣味なジョークに使わないでね。

| | コメント (0)

2009年5月 4日 (月)

清正公様

今日は実家の近く、高輪の清正公(せいしょうこう)に行って来た。

Photo

清正公は加藤清正を祭ったお寺で、毎年5月4日、5日に縁日で屋台が出る。通りを一つつぶす、結構大きなお祭りだけど、今年は屋台の数が減っていた。

Photo_2 090504_15200001

僕が子どものころは、3日から5日の3日間のお祭りで、期間中はお小遣いを貰って毎日通った。

その頃の定番といえば、山吹鉄砲、吹き矢、金魚すくい、ヨーヨー釣り、ハッカパイプ、べっこう飴といったところだったけど、この内いまでもあるのは金魚すくいとハッカパイプだけ、ヨーヨー釣りはあったけど、プラスチックのキャラクターヨーヨーで、以前のゴム風船の水ヨーヨーは見かけなかった。

その代わり食べ物屋台が増えて、大きな串焼きとか、ドネルケバブまであるのは大人に嬉しい。

逆に寂しいのは山吹鉄砲がなくなってしまったことだなあ。おもちゃ屋には売っていなくて、僕たちにとっては年に一回、この清正公様の縁日でだけ手にはいる、特別なおもちゃだった。毎年何種類か買って、でも1ヶ月も保たずに壊れたりなくなったりして、翌年また買う…

考えてみたら、5月限定みたいなおもちゃだったな。
(^-^)

| | コメント (0)

2009年5月 3日 (日)

鎌倉での半日

昨日、鎌倉での講習会の後、少し鎌倉を歩いてきた。

あまり行ったことのない釈迦堂口切通しに向かうと、崖の崩落のため通行禁止の看板が立っている。それでも行けるところまで行ってみようと歩いて行くと、切通しまで来てしまった。
切通しを抜けて歩いて行くと、こちら側には通行禁止の看板がない。人家があるところまで来ても、どこにも通行禁止とは書いていない。
なんなんだ?

坂を下っていくと、黄金やぐらという案内板があった。聞いたことはないが、ことによると名越の切通しに行ける山道があるかもしれないと思って、行ってみることにした。

少し歩くと、畑に行き当たった。畑仕事をしている人がいる。上半身裸の、60過ぎと見える男の人が、働いている。日に焼けた胸が、やけに逞しく見える。
5月の昼過ぎの日差しの中のその光景は、もう夏の景色だ。

古都鎌倉の景色ではない。子どものころ、夏休みに海や山のに行くと見かけた、そんな夏の景色だ。

結局名越の切通しの方に行く道はなく、引き返して鎌倉の町に向かう。

八雲神社に来たところで、祇園山ハイキングコースを歩きたくなった。

神社の横の石段を登り、見晴台から海を見た後は、足を速めて進んだ。急ぐ理由などないが、前を歩く人たちを追い抜いて進んだ。

なんだかそんなことがしたい気持ちだったから。

畑で働いていた人と、勝手に張り合っていたのかもしれない。

こんな鎌倉の半日があっても、いいだろう。

| | コメント (0)

2009年4月29日 (水)

大山登山

今日は丹沢の大山に行ってきた。

今回は日向薬師から、まずはこの時期だから、バス亭近くのツツジをパチリ。

090429_09010001

丹沢方面は大体年一回ぐらい行っているけど、大山は久しぶり。大山山頂となると、なんと30年ぶりだ。

Photo

大山山頂からは、相模湾も見えるんだけど、今日は霞んでよくわからない。天気はとても良かったんだけどね。

090429_12350001

帰りはヤビツ峠へ。ヤビツに向かう道からの光景も一枚。

090429_13380001_2

日向薬師からのコースは、学生のときに行って、だらだらのハイキングコースという記憶だったんだけど、実際に行ってみたら直登に近いコース。うーむ、完全に記憶違い、どこと間違えたんだろう。結構疲れたぞ

(>_<)

30年前の、ケーブルカーを使わずに、男坂から一気に登って帰りはヤビツに駆け下りるなんてことができないのは当たり前だけど、脚力落ちたなあ。大学や会社の仲間と山に行っていた、30位までは、体が疲れるまで歩けたんだけど、今はそこまで行かずに足が上がらなくなっちゃうもんなあ。

ん?ってことは、足さえ鍛えればまだまだ行けるってことか?

ふむ、一丁やってみますか…学生時代から、何度も行っていつも途中で挫折してきた、表尾根縦走に向けて、

(^_^)

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

曼荼羅堂跡

鎌倉、ではなくて逗子市なんだけど、かつて曼荼羅堂跡という、紫陽花の隠れた名所があったんだけど、知ってるかな?

鎌倉と逗子を結ぶ、名越の切り通しの上にあって、ちょっとした山歩き気分を味わいながら行く場所なので、それが好きな人にはいいけれど、そうでない人が紫陽花を見に行くような場所じゃないから、紫陽花時の明月寺あたりの混雑とは無縁に、紫陽花が見られたんだ。

と言っても、僕が行ったのはもう15年も前に一回だけ。

去年、6月に鎌倉に行って、ふと思いついて曼荼羅堂跡に行こうと思って、鎌倉駅の観光ボランティアの人に聞いたら、わからないって…(^_^;

ともかく逗子に向かう山道だと言うと、名越の切り通しだろうというので行ってみたら、曼荼羅堂跡への道は見つかったことは見つかったんだけど、立ち入り禁止。

後で調べたら、2000年で曼荼羅堂跡は閉鎖されていて、逗子市が整備して再公開する計画があるみたいなんだけど、どうも手がつけられていない感じ。

逗子市はやぐらなどの文化財の整備として考えているみたいなんだけど、紫陽花やなんかの花はどうするのかな?そもそも僕が行った15年ぐらい前も、野生に近い感じで紫陽花が咲いていたような気がするんだけど、今はどうなっているんだろう?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧